威哥王を徹底解剖

「朝立ちしない」のは、EDの最初の兆候

「朝立ちしない」のは、EDの最初の兆候

若い頃は、毎日のように朝立ちしてたという方は、多いのではないでしょうか。次第に、年齢を重ねるとともに朝立ちの回数は減少し気づくと朝立ちするほうが珍しくなり、朝立ちした日は、嬉しさまでも感じるようになりますよね。しかし、この朝立ちは実はEDと深い関係があるのです。では、朝立ちとEDはどんな関係があるのでしょうか。最近、朝立ちがめっきり減ってしまった方はしっかりと読んでくださいね。

朝立ちについて知ろう!

睡眠時に人間は、「ノンレム睡眠」と呼ばれる深い眠りと「レム睡眠」と呼ばれる浅い眠りを一定の周期で繰り返しています。健康な男性は、このレム睡眠の間に勃起していることが多く睡眠中に平均8回も勃起しているのです。
そして、最後の目覚める直前に起こった勃起がいわゆる「朝立ち」です。

朝立ちがないとはどういうこと?

睡眠中の勃起は、性的な夢や性的な興奮とは、全く関係のない一種の自然な生物学的現象なのです。しかし、年齢とともに勃起力が衰えてくるとこの自然現象が起こりにくくなります。つまり、朝立ちをしなくなるのはEDの兆候なのです。これはセックスの際の勃起力が弱まると、朝立ちも同様に弱まってしまうからです。逆に、しっかり朝立ちするということは、勃起力は十分あるという証拠になります。
また、朝立ちは精神的な影響をほとんど受けませんので、セックスではうまく勃起できないのに、朝立ちはするという方は、ほとんどの場合が体ではなく精神面が原因の心因性EDだといえます。
さらに、セックスでも朝立ちでも勃起しないという方は、動脈硬化などが原因の器質性EDといえます。

このように朝立ちが減少または、朝だちしないということは少なくともペニスへの血流や神経に異常があるいことで勃起力が低下しているということになります。しかし、朝立ちはEDの早期発見への手がかりになりEDの兆候を知らせてくれているサインでもあります。朝立ちの有無を気にすることでEDの兆候であることを自覚することが大切ですね。
ED治療薬や漢方精力剤での改善も検討している方は、是非「威哥王」をお薦めします。

威哥王画像
威哥王の価格
威哥王の購入

▲このページのトップへ

選ばれ続ける理由

記事カテゴリ


    Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg_replace() in /export/www/developer/web/xn--kwrt2jp9z.com/blog/wp-content/themes/custom/sidebar.php:32 Stack trace: #0 /export/www/developer/web/xn--kwrt2jp9z.com/blog/wp-includes/template.php(704): require_once() #1 /export/www/developer/web/xn--kwrt2jp9z.com/blog/wp-includes/template.php(653): load_template('/export/www/dev...', true) #2 /export/www/developer/web/xn--kwrt2jp9z.com/blog/wp-includes/general-template.php(111): locate_template(Array, true) #3 /export/www/developer/web/xn--kwrt2jp9z.com/blog/wp-content/themes/custom/index.php(60): get_sidebar() #4 /export/www/developer/web/xn--kwrt2jp9z.com/blog/wp-includes/template-loader.php(77): include('/export/www/dev...') #5 /export/www/developer/web/xn--kwrt2jp9z.com/blog/wp-blog-header.php(19): require_once('/export/www/dev...') #6 /export/www/developer/web/xn--kwrt2jp9z.com/blog/index.php(17): require('/export/www/dev...') #7 {main} thrown in /export/www/developer/web/xn--kwrt2jp9z.com/blog/wp-content/themes/custom/sidebar.php on line 32